馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 馬券術フィードバック > 2008年天皇賞(春)がくれたもの

第137回天皇賞(春)(2008年)
1着 14 アドマイヤジュピタ(3人気)
2着 8 メイショウサムソン(2人気)
3着 13 アサクサキングス(1人気)
単勝 580円
馬連 2000円

このエントリーは連載「サーチライトreconstruction」の第4回です。
初めての方はサーチライトreconstructionからお読みください。

この日の注目はメイショウサムソンでした。
前走の産経大阪杯はまったく見せ場がなく、2人気6着に敗退。
これでJC→有馬記念→産経大阪杯と、3戦連続で人気を裏切ったことになります。

ただ、それでも私はメイショウサムソンから入ろうと思っていました。
それは、「前走で情けない競馬をしたからといって、実戦も情けない競馬をするわけではない」という仮説を試す絶好のチャンスだと考えたからです。

この仮説は、奇しくも産経大阪杯のエイシンデピュティがヒントでした。
エイシンデピュティの前走は東京新聞杯。
この時、私は京都金杯の内容を評価して本命に推していました。
しかし、実戦ではほとんど見せ場もなく、2人気7着に歩きました。
そういうイメージがあったので、産経大阪杯のエイシンデピュティはノーマークです。
しかし、実戦では、7人気という低評価を覆し2着に健闘。
1人気ダイワスカーレットとの馬連で2750円という好配当を演出しました。

こうした例を挙げて行けばきりがありませんが、実力馬が前走で見せ場なく敗れ、誰もが評価を下げた瞬間というのは、馬券的に最も美味しい瞬間です。

レースというのは水物ですから、ちょっとした出来事で大きく着順は入れ替わります。
ペースであるとか、調子であるとか、不利であるとか、さまざまな実戦的要素が錯綜し、それによって人気馬が歩くというのは競馬の日常的光景です。
それならば、競走馬の評価を下すのに、前走着順というのはそれほど重要な要素なのか?
むしろ前走を無視した方が、馬券に躍動感が描けるのではなかろうか?
周りと同じ馬券を買っていても穴は獲れない。
だから、私は誰もが重視する前走を、黒く塗りつぶして予想する。

メイショウサムソンは惜しくも2着に敗れましたが、アドマイヤジュピタとの直線の攻防は、古豪復活を印象付けるに十分な内容でした。

2008年天皇賞(春)は、馬券的にはたいしたことのない一戦でしたが、私にとっては今後の予想スタイルを確信する重要なターニングポイントだったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/175
Listed below are links to weblogs that reference
2008年天皇賞(春)がくれたもの
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 馬券術フィードバック > 2008年天皇賞(春)がくれたもの

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑