馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 感想戦 > 2008年宝塚記念の回顧

第49回宝塚記念(2008年)
1着 9 エイシンデピュティ(5人気)
2着 2 メイショウサムソン(1人気)
3着 1 インティライミ(11人気)
単勝 1130円
馬連 1080円

重馬場の巧拙

勝ったエイシンデピュティはもちろんなのですが、かなり致命的な不利を受けながらも3着に食い込んだインティライミが、今年の宝塚記念を物語っている気がします。
インティライミ自身も、稍重だった京都新聞杯を勝っているので重馬場は上手いのですが、父スペシャルウィークといえば、前週のマーメイドSで重馬場を最低人気で逃げ切ったトーホウシャインがまさに父スペシャルウィークでした。
そう考えると、今年の宝塚記念はまず重馬場適性ありきのレースだったと言い切っても、決して的外れではないように思われます。
メイショウサムソンも重馬場そのものは悪くないタイプですし、何より絶対的な上がりのスピードをごまかせるので、重馬場は歓迎材料になります。
逆に、アルナスラインやアドマイヤオーラはまったくエンジンが掛かりませんでした。
アルナスラインは重でも悪くないだろうと思っていたのですが、結果論としてはよくなかったみたいですね。
とはいえ、前日の段階で重馬場がほぼ確定的なことはわかっていたわけですから、暢気に「できれば良馬場でやってほしい一戦」とか言ってた時点で、予想としては落第点だったみたいです。
梅雨の真っ最中に施行されるG1である以上、来年以降も重適性が結果を左右するケースはあるでしょうから、今年はいい勉強になりました。
少なくとも、重が予想されるレースで、重実績の無い馬を中心に据えてはいけないということですね。
それから、阪神重馬場のスペシャルウィークは、今後も注目に値するでしょう。

ハイペースの消耗戦

今年の宝塚記念は前半1000通過が60.6秒。
上がり最速はメイショウサムソンの36.9秒ですから、馬場の影響を考えると、けっこう引き締まったペースで流れたようです。
重馬場の影響で全体的に前掛かりになったのもありますが、今年のメンバーでもハイペースになったのは驚きでした。
結果的に、宝塚記念はそういうレースってことですね。
まあ、この辺は承知の上でスローの妙味に賭けたわけですから、負けても納得しないといけませんが。

最大の誤算

予想そのものに関しては、いろいろな部分で裏目裏目に出た感じですし、今年は完敗だったということで割り切れるのですが、個人的に最大の誤算はエイシンデピュティが勝ってしまったことです。
この馬は勝っても人気にならない密かな実力馬ということで、引退までずっと追い続けようと思って「My注目馬」に入れていたのですが、グランプリホースになって実力が露見してしまいました。笑。
今後はタップダンスシチーのような、味のあるG1ホースに成長してくれることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:2

enokeiz 2008年7月 2日 13:45

はじめまして、enokeizと申します。

~競馬はロマンかギャンブルか? いいえ、哲学です。~
この言葉、とても印象的です。

たかが馬券・・・

されど常々、自分の決断力というものを問われているような気がしてなりません。
私は、「点数を増やさない事」を自分自身に課した至上命令ですので、

「玲瓏」・「競馬予想と決断力」

のエントリには非常に感銘を受けました。
締め切りベルのギリギリまで迷った挙句、元々の予想の原型を留めていない馬券を握っていたことが昔は良くありました・・・(笑)
会心の一手(馬券)は、意外とスッと出せるものかもしれませんね。

馬券へのアプローチの方法はお互いに違うかもしれませんが、馬券に対する向き合い方的な部分が大いに参考になりました。

今後も、ちょくちょくお邪魔させて頂きたく思います。
宜しくお願い致します。

サーチライト 2008年7月 3日 00:35

enokeizさん、はじめまして。
いろいろとお褒めいただき光栄です。
enokeizさんはパドック派なんですね。
私はホントに笑えるくらい相馬ができないので、羨ましいかぎりです。
宝塚記念の馬券もお見事でした。
やっぱり馬券を絞って買うと、行き着く先は単勝ですかね。
私もenokeizさんのブログを参考に、勉強させてもらいます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/195
Listed below are links to weblogs that reference
2008年宝塚記念の回顧
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
雨、フレンチデピュティ、内田の法則(宝塚記念ほか・回顧) from いちご一恵の勝ち馬日和
2008-07-01 (火) 00:47
梅雨の最中ということもあって、残念ながら雨の中での競走となりました春のグランプリ

Home > 感想戦 > 2008年宝塚記念の回顧

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑