馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 馬券術フィードバック > 馬券で負けた時に何をするか

羽生善治「決断力」羽生善治「決断力」

私が、日頃気にかけているのは、勝負の結果を次の日に引きずらないことだ。
将棋は負けると辛いゲームだ。(中略)しかし、敗戦のなかになにか報われるものがあると救われる。(第三章より)

このエントリーは連載「玲瓏」の第3回です。
初めての方は玲瓏からお読みください。

長く競馬をやっている以上、馬券で負ける日があることは避けられない。
その時に何をするか。
私のアイディアを述べてみる。

1 レース回顧を書く

あなたがブログを持っているなら、負けたレースの反省記事こそ、さっさと書いてしまうべきだ。
私もブログを書いているので、負けたレースの回顧記事は筆がなかなか進まない気分はよくわかる。
勝ったレースについてはいくらでも書けるが、負けたレースの記事が書けないのは人情だ。
しかし、考え方次第でブログは気分をリセットする手助けになる。
自分の予想のどこが間違っていたのかさっさと書いてしまう。
あるいは、予想は間違っていなかったが、運が悪かっただけだと思っているならそれでもいい。
書くことで気持ちが晴れることがあるし、反省は先につながる。

「負けじゃない、勝ちへの途中だ」(バガボンド6巻
「その決意、黒星ひとつふたつ払う価値が十分にあります」(ヒカルの碁10巻

馬券は外れても、そこから何かヒントを見つけることができれば、次週あるいは翌年の的中へとつながっていくだろう。
その日の負けをきちんと清算し、次に進んでいくことが重要である。
回顧記事を書くのはそのための儀式みたいなものだ。

2 掃除をする

ひどい負けを喫した時は、回顧記事を書いても気が晴れないことがある。
あるいは、むしゃくしゃして回顧記事すら書けないこともある。
そんなときは家の中の掃除をしてみるといいだろう。
体を動かしていると、だんだん気持ちが晴れてくる。
埃を掃除機で吸い取っていると、勝ち馬を買えなかった後悔の念も吸い込まれていく心地がする。
雑巾で汚れを落としていると、さっきまでのひどい気分も一緒に拭き取られていく。
まとめたごみと同時にむしゃくしゃする気分も捨ててくる。
掃除が終わると面白いほど馬券の負けを忘れることができるので、これはぜひ一度試してみてほしい。
たとえ、それで気が晴れなかったとしても、少なくとも部屋は綺麗になっているので無駄じゃない。
うちの妻は掃除が大の苦手なので、ひょっとしたら馬券が外れたことに感謝しているかもしれない。笑。
「今日は馬券で負けたけど、それで部屋が綺麗になったんだからいいじゃないか」と、そんな心境になれたら、その日の負けはすでにリセットされている。
晴れやかな気分で次の週に向かうことができるだろう。

3 ブログ記事を書く

人間の脳は休むことを知らない。
掃除をしながら体を動かしている間も、頭の中ではいろいろなことを考える。
脳というのは破壊的行為を好むようで、紙くずを破って丸めたり、ごみをポイポイ捨てたりしていると、だんだん脳が活性化してくる。
いろいろなことが頭の中に浮かんでは消える。
その中には、ブログの記事になりそうなアイディアがあるはずだ。
それらをさっと捕まえて、掃除が終わったら記事にまとめてみる。
実際、この記事も掃除をしながら考えたものだ。笑。
こうしてまとめた記事を読み直し、それが満足のいく出来栄えだったりすると、さっぱり心が晴れてくる。
「馬券は負けたけど、面白い記事が書けたからいいか」と、前向きな気持ちになれる。

4 馬券を当てた人にコメントしてみる

あちこちのブログを巡回していると、予想が的中したブログに出会うことがある。
そんな時、「予想的中おめでとう」とコメントしてみる。
褒められて嬉しくない人はいないので、多くの場合は交流につながっていく。
自分が勝った時は、逆に祝福のコメントが来るかもしれない。
あるいは、馬券を当てた人の予想にリンクを貼って、自分の予想と対照しながら、記事としてまとめてもいいかもしれない。
これなら立派な回顧記事にもなる。
馬券で負けても良好なコミュニケーション関係を築くことができれば、それはトータルでプラスになりうる。

5 清算を生産へ

人間は失敗を糧にして成長していく。
失敗は飛躍への鍵である。
だから、馬券で負けても、「馬券では負けたけど○○ができたからいいか」と、代わりに何か得るものがあれば、馬券で勝った以上のプラスになるかもしれない。
私はたまに競馬場まで遠征旅行に出かけるが、そこで馬券が外れてもほとんど落ち込むことがないのは、ちゃんと代替物を得ているからなのだろう(旅の思い出とか)。
馬券で負けたことをプラスに変えていく。
それが知的清算術、もとい知的生産術というものだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:2

こい 2008年7月 5日 23:20

こんばんは。
私もその通りだと思います。ただ単に外れたから終わりではなかなか先に進めないですよね。当たった方を見つけて記事を読ませていただいていますがいろいろな予想方法があって面白いです。
それだけでいい刺激になります。特に馬券の組み立て方は下手な方なので皆さんの記事でどう購入しているかをよくみています。
まあ、私は単勝負が半分くらいを占めていますのであまり馬券購入の組み立てを考えない事が多いです。単オッズ10倍以上が本命なら迷わず単勝負ですよ。万馬券も狙っていきたいですが、1,2番人気馬に不安があれば狙っていきます。そうそうありませんから・・・。明日も1レース函館スプリントSで単勝負です。

サーチライト 2008年7月 9日 01:03

こいさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

ちゃんと競馬を研究しているブログは参考になりますよね。
私もあちこちのブログでたくさんのことを勉強させてもらいました。
最近、「ウェブ進化論」の影響で「知的生産術」ということをよく考えているのですが、競馬ブログこそ立派な「知的生産術」じゃないかと思っています。
この辺は、考えがまとまったらまた記事にするつもりです。

函館SSはキンシャサノキセキがあっさりでしたから、難しかったんじゃないかと思いますが、単勝穴狙いはいいですよね。
私も少し本腰を入れて単勝作戦を考えようかと思っています。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/196
Listed below are links to weblogs that reference
馬券で負けた時に何をするか
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 馬券術フィードバック > 馬券で負けた時に何をするか

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑