馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2009年東京新聞杯予想

第59回東京新聞杯(2009年)予想
2009年東京新聞杯馬券◎サイレントプライド
△ローレルゲレイロ
△リキッドノーツ
△タマモサポート
△マルカシェンク

今週は京都牝馬Sが難解なので、東京新聞杯を予想。
昨年がらりと傾向が変わってハイペースの持続戦になったようだが、今年は極端な不良馬場でそのあたりはどうでもよくなりそうな印象。

◎はサイレントプライド。
ここ2戦は差し馬有利の流れになったので、それほど気にする敗戦でもなく、今回は先行馬の延長。
富士Sを勝っているように、広い東京を先行する形も得意。
そして、何より重馬場のフレンチデピュティ。
重馬場で負けたのは2007年のエプソムCだけで、そのエプソムCで前にいたのは、同じくフレンチデピュティのエイシンデピュティとブライトトゥモロー。
何かと好条件が揃った上での4人気は美味しい。

△1番手はローレルゲレイロ。
昨年の勝ち馬なので、東京新聞杯との相性は言うまでもなく、稍重のNHKマイルCで連対しているように重馬場も上手い。
切れ勝負になると脆いが、今年の馬場で切れ勝負の可能性はないだろう。
人気や重の巧拙の関係でサイレントプライド方を評価したが、斤量や枠を重視すれば逆転もある。

△2番手はリキッドノーツ。
昨年の2着馬なので相性も悪くないのだろうが、それより重馬場の巧さを評価。
馬場が悪すぎて能力とかどうでもよくなり、重の巧拙だけで着順が決まるようなら面白い。

△3番手はタマモサポート。
昨年の3着馬で適性もあるし、リズムは今年の方がはるかに良い。
重馬場のラジオNIKKEI賞を完勝しているように、重も巧い。
ただし、1人気で狙うようなタイプの馬でもないので、この評価。

最後にマルカシェンク。
一昨年までの東京新聞杯なら、この馬が適性的にベスト。
切れで勝負するタイプなので重馬場は良くないだろうが、馬群がばらけて捌きやすくなるのは歓迎。
2006年鳴尾記念や2008年ニューイヤーSのように、いざとなれば逃げる手も使える。
実績的にはかなり上位にいるタイプだと思うが、それで現在5人気なら、人気的な妙味もまずまず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/312
Listed below are links to weblogs that reference
2009年東京新聞杯予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2009年東京新聞杯予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑