馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2009年皐月賞予想

第69回皐月賞(2009年)予想
◎ロジユニヴァース
△リーチザクラウン
△アンライバルド
△アーリーロブスト
△トライアンフマーチ

これから、皐月賞の現地観戦に千葉へ行ってくるので、出かける前に予想を書いておきます。

本命はロジユニヴァース。
父ネオユニヴァース×母父ダンチヒ系の血統構成はもともと皐月賞向きだし、弥生賞を逃げて圧勝し、未だに負けていないアドバンテージもあるので、容易には崩れないだろう。
唯一の不安材料を挙げるとすれば、これまでに33秒台の速い上がりを使ったことがなく、極端な上がり勝負になると切れ負けする可能性があるが、皐月賞で、かつリーチザクラウンがペースを作る流れで、スーパースローというのも考えにくく、またいざとなれば自分から動けるので、連絡みは順当だろう。
当日、極端な馬体変動がなければ。

相手筆頭はリーチザクラウン。
きさらぎ賞のインタビューを聞く限り、武豊に控える気はさらさらないようなので、おそらくペースを作るのはこの馬だろう。
そして、ロジユニヴァースが3着以下に負ける可能性があるとすれば、この馬がスローで逃げた場合。
リーチザクラウンは、新馬戦で上がりのトップスピードを証明しているので、スローから上がり34秒台前半の流れに持ち込めば、後続を凌げると思われる。
一方、1000通過60秒を切るような流れで逃げた場合は、やや強調材料に欠ける。
ラジオNIKKEI杯は、ロジユニヴァースにとって楽な展開だったので、そのまま鵜呑みにはできないが、やはり坂でバッタリ止まってしまったのは気になるところ。
陣営はダービーが目標のようなので、その点でもロジユニヴァースほどの安定感はない。

相手2番手はアンライバルド。
この馬も新馬戦で33秒台の上がりを使っているので、トップスピードは問題ない。
ただし、1000通過60秒を切るような標準的な皐月賞のペースを一度も経験したことがなく、良績がスローからの上がり勝負に集中しているのは気になるところ。
ネオユニヴァース×サドラーズウェルズという血統構成からは、タフな流れにも対応しそうではあるが、先行馬有利の皐月賞で、タフなペースを経験していない差し馬は、やはり中心視できない。

相手3番手はアーリーロブスト。
前走は突然差しに回る位置取りで散々な結果に終わったが、あの試走で切れないことがわかったので、今回は普通に先行する位置取りだろう。
そして、鞍上もそれができる騎手。
ダート質な血統構成も皐月賞向きで、2走前の京成杯勝ちも悪くないローテーション。
まったく人気もないので、ヒモ荒れ狙いなら面白い一頭。

最後にトライアンフマーチ。
近年の皐月賞は若葉S組もまずまず悪くなく、一戦級とは初対戦で鮮度も高い。
そして、何より母父のダンシングブレーヴが皐月賞にベストマッチ。
血統的には馬群も割れるので、内からするすると抜けるような競馬をすれば、ヒモ荒れ候補に一考。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/341
Listed below are links to weblogs that reference
2009年皐月賞予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2009年皐月賞予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑