馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2009年安田記念予想

第59回安田記念(2009年)予想
◎ディープスカイ
△ウオッカ
△ローレルゲレイロ
△トウショウカレッジ
△ライブコンサート

安田記念はハイペースからの持続力勝負で先行馬が有利。
瞬発力勝負の差し馬は基本的に厳しい。
ただし、日本の短距離路線は中長距離路線に比べて2枚くらい落ちるので、クラシックで好走できるような一線級が矛先を向けてくると、ちょっと太刀打ちできないのも事実。
今年は日本を代表する瞬発系2頭が参戦し、安田記念への適性か、競走馬の基礎能力か、オッズとの兼ね合いもあって匙加減が難しい。

◎はディープスカイ。
産経大阪杯からの臨戦過程は王道短縮もあってベストローテ。
仮柵移動もあり、ここに来てようやく差しの決まる馬場になってきているので、差しに回る位置取りも期待できる。
ウオッカとの適性差・能力差はほぼ互角と思われるが、単勝人気を比較すれば、今回はディープスカイから入るのが手筋。

△の1番手はウオッカ。
昨年の勝ち馬で、基本能力も抜けていると思うが、1.9倍はさすがにやりすぎ感も。
まあ、確かにヴィクトリアマイルを見ると楽勝しても不思議はないが。
ただし、戦績的にも血統的にも反動の出やすいタイプなので、過度の信頼は不安。

△の2番手はローレルゲレイロ。
適性的には安田記念にぴったりの持続系の先行馬。
ローテ的にも先行馬の延長で悪くない。
前で競馬するタイプなので、外枠もそれほど苦にはならないだろう。

△の3番手はトウショウカレッジ。
近走の成績は安定していて、差しが決まる馬場になっているのも朗報。
ラストタイクーン×サクラバクシンオーの血統構成に期待。

最後はライブコンサート。
戦績を見ると弱い相手に強いタイプだが、シングスピール×キングマンボの血統構成は魅力的。
少なくとも人気より前進は期待できそうな印象。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/364
Listed below are links to weblogs that reference
2009年安田記念予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2009年安田記念予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑