馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2010年中山牝馬S予想

第28回中山牝馬S(2010年)予想
◎ウェディングフジコ
△ザレマ
△レインダンス
△リビアーモ
△ブライティアパルス

◎はウェディングフジコ。
東京、新潟、阪神、京都などの瞬発系コースだと全然駄目だが、中山、福島、中京、小倉、札幌などの小回り持久戦ではほとんど掲示板を外さない堅実派。
母父トニービンでタフなハンデ戦は歓迎だし、ダート→芝のローテも悪くない。
中山1600と単純比較はできないが、同じくサンデー系×トニービンのギンザボナンザがアネモネSで快勝したのもあって、今開催の中山は母父トニービン向きではないかと。

相手1番手はザレマ。
タフで上がりがかかってスタミナが活かせるレース向きなので、中山牝馬Sはジャストフィット。
京都牝馬Sはスローの瞬発戦で気の毒な展開だったし、フェブラリーSを使ったのは謎。
ただし、巻き返しは効くタイプだし、凡走で疲労やストレスを抜いてのダート→芝と考えれば、さほど悪いローテでもない。
本命にしなかったのは、ハンデと大外枠と人気の兼ね合い。

相手2番手はレインダンス。
ザレマが走ると読むならレインダンスも当然走る。
2年前の中山牝馬Sは惨敗に終わっているが、当時は絶不調時だったようだし、秋華賞2着ということを考えれば、中山1800は本質的にフィットするはず。
ローテも悪くないし、ハンデ54キロも意外と美味しい。

相手3番手はリビアーモ。
なにぶん追い込み一辺倒なので、流れが合わないとどうしようもないのだが、父アドマイヤベガで強い相手に怯まないので、嵌れば末脚は強烈だろう。
人気的にも買い目に入れておいて損はない。

最後にブライティアパルス。
中山牝馬Sは先行馬有利の重賞なので、軽ハンデの逃げ馬は魅力。
意外と人気になってはいるが、ことさら嫌う必要もないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/549
Listed below are links to weblogs that reference
2010年中山牝馬S予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2010年中山牝馬S予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑