馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2010年菊花賞予想

第71回菊花賞(2010年)予想
◎レーヴドリアン
△ビートブラック
△ビッグウィーク

そんな予想で大丈夫か?

◎はレーヴドリアン。
菊花賞はダンスインザダークを買っていれば儲かるレースなのだが、今年は1頭も出走がない。
なら、スペシャルウィーク。
スローの瞬発戦向きなのに、瞬発戦になると切れ負けするという厄介なタイプで、こういうタイプは菊花賞向き。
神戸新聞杯を人気で負けてストレスなく、思い切って立ち回れるのも強み。

相手1番手はビートブラック。
サンデーサイレンス×トニービン×ブライアンズタイムというクラシックを象徴するような血統図。
まあ、菊花賞的に一番の魅力は、母父のブライアンズタイムなわけだが。
4走前の夏木立賞で33秒台は証明しているし、前走の兵庫特別で延長適性も証明している。
こう言うと勝ちそうな気もしてくるから不思議。笑。
まあ、人気もないので買いの一手。

相手2番手はビッグウィーク。
凱旋門賞馬×サンデーサイレンスという配合は、2006年ソングオブウインドのイメージで。
これまで逃げて勝ってきた馬なので、速い上がりの裏付けはなかったが、前走の神戸新聞杯で突然34.1秒が使えたのは上出来。
川田にはスプリンターズSの借りを返していただきたい。

最後に人気勢についての見解。
ローズキングダムは2400の瞬発戦で強すぎるので、菊花賞で特に買いたいタイプでもなく。
トウカイメロディは母母父のリアルシャダイが気になるものの、どう考えても人気になりすぎているし、菊花賞よりは天皇賞(春)で買いたいタイプ。
ヒルノダムールはマンハッタンカフェの菊花賞適性が懐疑的なものの、特に悪い印象もなく、人気次第では最後に押さえるかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/610
Listed below are links to weblogs that reference
2010年菊花賞予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2010年菊花賞予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑