馬券を買うPATをゲットして快適競馬ライフ

競馬を観るグリーンチャンネルをタダ同然で見る方法

予想をする月額840円であなたの部屋を競馬研究室に

Home > 競馬予想 > 2010年エリザベス女王杯予想

第35回エリザベス女王杯(2010年)予想
◎メイショウベルーガ
△ヒカルアマランサス
△リトルアマポーラ

正直、デピュティミニスターが多すぎて困る。

エリザベス女王杯は、非根幹距離の瞬発戦という厄介な条件設定。
33秒台の上がりも使えるものの、ベストパフォーマンスは34秒台というタイプが向く。
血統的にはノーザンダンサー系がよく、特にダンシングブレーヴを筆頭とするリファール系が強い。
サンデーサイレンスもまずまず悪くないが、根幹距離できっちり勝ち切るタイプよりは、量で押し切るサンデーサイレンスが良いように思う。
また、非根幹距離重賞の常として、リピーターが多いのも特色。

◎はメイショウベルーガ。
前走の京都大賞典は、凡走後の延長というベストステップで強い競馬。
今回は好走後の短縮で前走ほどの強調材料はないが、得意の京都外回りで大きく崩れるとは考えにくい。
母父サドラーズウェルズも悪くないと思われ。

相手1番手はヒカルアマランサス。
京都や東京などの軽い芝向きの馬で、さらに太かった前走のクイーンSは度外視したい。
走れる条件が揃えばあっさり巻き返せる馬で、G1で好走できる底力もある。
父アグネスタキオンはエリザベス女王杯で好成績のサンデー系だし、母母父のニジンスキー系も好相性。

相手2番手はリトルアマポーラ。
2008年の優勝馬で適性は証明。
前走の府中牝馬Sは道中8番手から4角15番手まで下げて、上がり最速の33.0秒を使って0.4秒差なら悪くない内容。
そして、この前走の形は優勝した2008年と非常によく似ている。
当然、今回は騎手乗り替わりで前に行く位置取りも仕掛けたい。
人気もないので思い切った騎乗に期待。

最後に人気サイドについて。
1人気アパパネは秋華賞優勝馬の期待値が低く。
3人気アニメイトバイオは特に切る理由もないので押さえに一考。
4人気スノーフェアリーは外国馬で走ってみないとわからない。まあ、そのためのワイド。
5人気サンテミリオンは不気味な存在も、前走が大敗すぎて5人気では手が出しにくい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1クリックお願いします

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/618
Listed below are links to weblogs that reference
2010年エリザベス女王杯予想
from サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす

Home > 競馬予想 > 2010年エリザベス女王杯予想

タグクラウド
RSSフィード

RSSフィードを表示 サーチライトは月の光とともにタイトロープを照らす
RSSを利用すると新着情報を受け取ることができます。

このページのトップへ↑